独立   11

中文独立播客
发现与推荐高质量的中文独立播客
中文  播客  独立  Podcast  收集  列表 
june 2019 by trai25
日本人よ「まじめの罠」から脱出せよ!
こんなに一生懸命やっているのに、なぜうまくいかないのか。

 

僕らが陥る「まじめの罠」
多くの日本人は閉塞感に嘖まれ続けている。

必死に働き会社に尽し、家でも家族のために頑張っている。

 

 

なのになぜ結果が出ないのか。なぜ生活は良くならないのか。

なぜずっと同じ場所をぐるぐる回っているのか。

 

 

そこにはちゃんと理由がある。

そう。僕らは「まじめの罠」にはまってしまい、もがいているのだ。

 

 

勝間和代氏の新刊「まじめの罠」は、いま日本と日本人がはまってしまっている「まじめの罠」の本質とメカニズムを解説し、どうやったらそこから脱出できるかの方策を示してくれる、素晴らしい本だ。

 

まじめの罠 (光文社新書)
勝間和代 光文社 2011-10-18
売り上げランキング : 192

Amazonで探す
楽天ブックスで探す
7netで探す
bk1で探す
ブックオフで探す
e-honで探す

by ヨメレバ

 

 

成功したいの?まじめでいたいの?
この本の帯にはこう書かれている。

「3ヶ月で100点取る人、2日で80点取る人、どちらを評価しますか?」

 

 

もし僕らの目的が資格試験に合格することで、合格ラインが75点ならば、明らかに2日で80点を取る人が評価されるべきだ。

だが、僕らはなぜか、往々にして75点で良いところを100点を狙いにいき、膨大な時間を浪費してしまうのだ。

 

 

なぜそうなってしまうのか。

本書では幾つかの理由が挙げられているが、特に重大なのは、日本の教育や仕事の評価システムが、「プロセス重視」になっている点ではないだろうか。

 

 

学校でも、パパッとできてしまう子供よりも、コツコツ必死にやり抜いた子供を高く評価する。

会社でも、さっさと仕事を終えて帰る有能な社員よりも、真夜中まで残業する人を「努力の人」として評価し、要領が良い人を「ずるい」という目で見てしまう。

 

もちろん努力すること自体は間違っていない。

だが、結果で評価することをしないうえに、計画を立て実行し、結果を評価し方向性を修正していくという「PDCAサイクル」を回すことをせず、心情だけでプロセス評価をしてしまうことで物事はおかしくなる。

仕事の成果はあがらず、むやみに努力した人がなんとなく評価され、要領良く正しい努力をする人はやる気を失うという悪い循環に入ってしまうのだ。

 

 

僕らはじっくり考えるべきだ。

何のために目の前の仕事をしているのか?と。

 

 

自分は最小の労力で最大の成果をあげたいのではないのか?それとも「犬の道」にはまり、必死で働くふりをして、延々と時間を浪費したいのか。

つまり、自分は「成功したいのか、それともまじめでいたいのか」。

この問いを、常に自分に課すことが必要だ。

 

 

成功しないまじめは被害妄想を生む
まじめの罠にはまっている人は、問題意識が希薄になってしまっている。

なぜ自分はこのやり方で仕事をしているのか。

 

 

この道順で本当に正しいのか?

自分は今から何をするべきなのか。

 

 

そういった根本的な問題意識を持つことで、僕らは自分を客観視できる。

ところがまじめの罠にはまっている人は、問題意識を持たず、ただやみくもに自分が信じる方法で努力をしてしまう。

だからなかなか物事は上手くいかない。

 

 

そして、物事がなかなか上手くいかないと、まじめの罠は次のステージへと僕らを連れていってしまう。

被害妄想の世界へとだ。

 

 

 

 

「コツコツまじめに頑張って努力しているのに、上手く行かないのはアイツが要領良くズルをしているせいだ!」

「あいつさえいなければ僕はもっと評価されるのに」

まじめな人たちは、そうして徐々に自らを被害者へと仕立て始める。

 

 

そして当然のことだが、自分が被害者になるということは、誰かが加害者になる必要が生じる。

要領良く結果を出している人、そして他人と違う言動をする人、さらには著名人や政治家などをターゲットに、ヒステリックな攻撃が始まってしまうのだ。

 

 

さらに状況を悪くすることとして、日本人は「有名人・著名人は完璧であって、一切の過ちをしてはならない」という完璧主義を持っている。

ホリエモンや村上ファンド、さらに最近の政権交代劇を見れば良く分かると思うが、登場してきた時は神の子のようにもてはやし大騒ぎをするが、ちょっとケチが付くと手のひらを返したように一斉に攻撃をして叩きつぶす。

自分がその人を選んだ、という責任をすっかり忘れてしまい、目の前の「ケチ」を攻め立ててしまうのだ。

 

 

「自分はマジメにやっているのに上手くいかない。それはお前達政治家や有名人たちがいい加減なことをやっているからだ」

日本ではまっとうな政治リーダーが育たず、毎年首相が交代することになってしまうのも、これら日本人の被害妄想から生じたヒステリックな攻撃が原因となっている。

 

 

「まじめの罠」からの脱出
この本では、僕らが陥っている「まじめの罠」からの脱出法として、6つのソリューションが提示されている。

 

 

失敗を恐れるな

問題設定そのものを疑え

動物的な勘、身体感覚を養え

独立した経済力を持て

自分のまじめさや常識を疑え

正しい自己認識を持て

 

 

それぞれすべて大切なことで、是非実際に本書を手に取って欲しいのだが、僕はこの中で特に重要なのは、「正しい自己認識を持て」だと感じた。

自己認識の際に必要なこと、それは「起きていることはすべて正しい」のであり、自分は「被害者」ではなく「当事者」なのだという認識だ。

 

 

「自分は被害者だ」と思い込み、箱に閉じ篭もってしまえば、すべての出来事は「他人が悪い」ということになってしまう。

だが、「他人が悪い。あいつのせいで」と思ったまま生きていても、僕らを助けにきてくれるウルトラマンやドラえもんは存在しないのだ。

 

 

 

 

「政治が悪い」「ホリエモンが悪い」「村上ファンドが悪い」と騒いで首相を辞任させ、ホリエモンを塀の向こうに放り込み、村上ファンドを日本から追い出して、結果として日本は良くなっただろうか?

僕たちは、常に吊るし上げるターゲットを探し、その生贄を攻撃することを楽しんできた。

だが、それは物事の本質から目を背けさせるための罠なのだと気づくべきだ。

 

 

ホリエモンの悪態をつく暇があったら「自分」が明日どう生きたいのかを考えよう。

勝間和代の新刊のアマゾンレビューに、読んでもいない本を☆一つでレビューする暇があるなら、来年の自分の給料が上がる工夫を始めよう。

今の政府じゃダメだと思うなら、テレビの前で愚痴を言わず仲間を見つけて行動をはじめよう。

 

 

こんなことをやっているのは日本だけだ。

僕らはいますぐ「まじめの罠」から脱出しなければならない。

 

 

まとめ
この本は「痛い」本だ。

なぜなら僕自身にも、「まじめの罠」にはまる傾向があることがヒシヒシと伝わってくるからだ。

 

 

成果を上げることが目的だったはずが、いつの間にかプロセスが目的になってしまっていないか?

数え始めると恐ろしくなる。

マジメであることは、自慢にはならないのだ。

 

 

でも、この痛みを感じることが、まだ救いなのだとも思っている。

なぜなら、痛みを感じるということは、自分に疑いを持っているということであり、自己の客観視ができていることだと思うからだ。

 

 

 

 

「一生懸命頑張っているのに成果が出ない」「なぜ自分だけが取り残されるのか」

もしそう感じることが多いなら、是非この本を読んでみて欲しい。

 

 

そして、この本を読んで腹が立ったり、イライラしたりしたら、是非ゆっくり考えてみて欲しい。

腹を立てている相手は勝間和代なのか。

それとも自分を正面から見つめられない自分なのかを。

 

 

自己認識は、そこから始まる。

僕はそう信じている。

 

まじめの罠 (光文社新書)
勝間和代 光文社 2011-10-18売り上げランキング : 192

Amazonで探す
楽天ブックスで探す
7netで探す
bk1で探す
ブックオフで探す
e-honで探す

by ヨメレバ

 

 

 

関連エントリー:

やはり自己啓発のバイブル! 書評「効率が10倍アップする新・知的生産術」 by 勝間和代
日本人よ!利益は悪ではない! 書評「勝間式 利益の方程式」 by 勝間和代
不幸を知ることで幸せになる! “不幸になる生き方” by… [more]
Books  まじめの罠  やる気  ブックオフ  プロ  ラン  会社  利益の方程式  勝間和代  問題  成功  書評    独立  自己啓発  from google
october 2011 by kunishi
「日本国」の理念を持ち、「和」の国民として生きること
多くの優れた企業には「理念」がある。

企業にあるのなら、国家にだってあるべきだろう。

よく「自虐史観」という言葉が使われる。

第2次世界大戦の結果、日本人は自らの過ちを認めた結果、自分たちのアイデンティティーを認められなくなってしまったのだ。

だが、本当にそれだけだろうか。

本書「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」では、僕らの祖国日本と僕ら日本人が、海外でどのように評価されているのかを徹底的に洗い出している。

 

 

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか  
竹田 恒泰 PHP研究所 2010-12
売り上げランキング : 279

Amazon
楽天ブックス
7net
bk1
ブックオフ
e-hon
図書館

by ヨメレバ



 

 

そもそも「世界でいちばん人気がある」のか?
 

 

本書のタイトルは凄い。ここまで意図的にタイトルが操作されている本はなかなかないが、結果としてとにかく目立つことは確かだ。

そもそも、本当に「日本は世界でいちばん人気があるのか」?ということが気になってしまう。

本書では冒頭でかなりのページを割いて、日本と日本人が海外では高い評価を得ていることを証明しようと努力している。

 

 

 

 

僕の個人的感想を言わせてもらうと、この「世界でいちばん人気がある」というのは、出版社と著者が必死で頭を捻った「釣り」なのだと思う。

この際世界で「いちばん」か「にばん」か「さんばん」かはどうでもいいのである。

とにかく日本も日本人も親切で真面目、そして礼儀正しく勤勉。世界のどこへ出ていっても嫌われることが少なく好意を以て迎えられているということが大事なのだ。

そのことを日本人が正しく受け入れ、認識することが大事なのだ。

なぜそのことか大事か。

あとで詳しく書くが、日本人は他国民と違い、自国への愛情が異常に低いからだ。

 

 

食へのこだわり、神への畏敬、自然崇拝
 

 

日本人は食事をはじめる時に「いただきます」と言うように躾けられる。

この「いただきます」は、もちろん「頂きます」であり、何を「頂く」のかといえば、食卓に上っている食物の「命」を頂くということを意味する。

この考え方は、日本神話の時代から脈々と続くアニミズム的信仰が現代にまで残っていることを意味する。

 

 

 

 

食べ物一つ一つ、肉、魚、野菜、穀類、すべての生物に「命」があり、その命を頂くことで僕ら人間が生命を維持することができる。

その「命」に対して感謝すること。それが「いただきます」という言葉に込められている。

 

 

そもそも、日本というのは、独自の言語、独自の宗教、独自の言語を持った、古代文明の生き残りなのだ。

グローバルな3大宗教とは異なる、土着の地域宗教は、まさにアミニズムであり、自然崇拝である。

オーストラリアのアボリジニ、アメリカのインディアン、それにヨーロッパのケルトなど、土着の言語と宗教を持つ古代民族が生き残っている例は他にもあるが、先進国で国単位として生き残っているのは日本だけである。

 

 

手に入れたもの、失ったもの
 

 

本書の著者がイラクを訪問した際に、イラクの若者が日本を激賞するのに触れ、著者は感激したという。

その若者は、何故日本を誇りに思うかという質問に対し、明治維新で日本は欧米列強に屈せずに自主独立を保ち、しかもわずか数十年で欧米列強と肩を並べ、有色人種唯一の先進国となったからだと答えたという。

だが、僕ら日本人は、明治維新の結果を、そのイラクの青年のようには受け取っていない。

鎖国を終えた日本はそれまでの「日本文明」を遅れたもの、格好の悪いものと位置づけ、欧米化を進めることで先進国の仲間入りを果たした。

 

 

 

 

実際僕らが若い頃までは、日本的なものは「カッコ悪い」、欧米的なものが「カッコいい」という価値観が強く、日本的なものはことごとく否定されてきた。

畳はカッコ悪くフローリングがオシャレ、邦楽よりも洋楽、日本酒よりもカクテル、日本車よりも外車、というように。

だが、そう言った外国崇拝は既に終わりを迎えつつあり、僕たちは僕たち自身の新たな価値観を持つべき時期にきている。

 

 

中国国民の80%が中国を好きと答え、韓国人の75%が韓国を好きと答えているのに、日本ではわずか43%の日本人が日本を好きと答えるにすぎない。

明治維新で開国し、列強に追いつこうとした日本。

先進国としての物質的豊かさを手に入れた代わりに、日本人が失ったのは「日本文明」そのものだ。著者はそのように指摘している。

 

 

まとめ 「和」の国民として生きよう
 

 

景気も悪く人口は減り、震災は容赦なく起きて放射能は漏れ続ける。

そんな時代に、僕ら日本人は何を支えに生きていけばいいのだろうか。

キーワードは「理念」ではないだろうか。

 

 

明治維新からのち、日本は常に先進国と自分達の関係性でばかり、自分達のアイデンティティーを測ってきたように思う。

欧米列強に追いつけ、追い越せ、そして敗戦後は経済を強く、アメリカに追いつけ、追い越せと。

だが、そのような物質的な比較は、短期的なモチベーションにはなっても、長期に渡り国を治める力強い心の支えには成り得ない。

物質的な努力に疲れ迷走する日本にとって、今いちばん必要なのは、「理念」だろう。

そして、理念としてふさわしいのは、「和」という言葉であろう。

 

 

 

 

僕ら日本人は「和」の国民なのだ。そして日本は「和」の国家なのだ。

日本人が本来持ち続けてきた価値観や信仰は、決して時代遅れでも格好悪くもない、世界で唯一であり、素晴らしいものなのだ。

だからこそ、僕ら国民一人一人も、自分が「和」の国民であると意識すべきだろう。

 

 

そして政治家、特に首脳クラスの人たちこそ、日本が「和」の国として今後どのように生き残っていくかを、常に考えてもらいたいと願う。

せっかく2,000年の歴史を持つ天皇制が生き残ったのだから、原点回帰していくことはできるだろう。

戦前の国家神道を目指すのではなく、もっと前の時代、日本が他国と自分を比較してコンプレックスを感じるようになる前の時代の、自然と神と一体だった頃の時代を目指して。

 

 

 

 

天皇は祈る「神事」を、そして天皇が任命した政治家が「政事」を司る。これは古来の日本の姿なのだ。

ならば今からだって出来るだろう。

今日からだって出来る。

 

 

追記: 本書「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」のレバレッジ・メモを僕のFacebookページで公開しました。

 

 

関連エントリー:

あなたを癒し、夢をかなえる「習慣力」6法則
「仕組力」を鍛えて自分を「自動操縦」する5つの鉄則!
本気で成功したけりゃこれを読め 書評「非常識な成功法則」 by 神田昌典
成功するだけでは幸せになれない。何をして成功するかが重要だ! “大好きなことをしてお金持ちになる” by 本田健

 

2011年の75冊目の書評としてお送りしました。
Books  Facebook  Facebookページ  お金持ち  バル  成功  日本酒  書評  独立  神田昌典  野菜  非常識な成功法則  食事  from google
june 2011 by kunishi
独立やサイドビジネスに必要な6つの心構え&ツール : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア
今まで決断がつかなかったけれど、やっと趣味が高じて仕事にしちゃおうと決めたアナタ、米lifehacker元編集長のジーナが、サイドビジネスを始めるために必要なことを6項目ピックアップしています。アナタの成功を祈って、ご紹介しましょう。
lifehack  独立 
may 2009 by yuichibass
数字游牧计划|Digital Nomads|独立BLOG服务
高质量的收费服务必定成为新的趋势
博客  服务  独立  bsp 
august 2007 by scavin

related tags

biz  blog  blogger  books  bsp  business  dreamhost  facebook  facebookページ  freelance  internet  lifehack  lifehacks  podcast  soho  tips  web  work  youspeaker  お金持ち  まじめの罠  やる気  バル  フリーランス  ブックオフ  プロ  ラン  中文  会社  列表  利益の方程式  勝間和代  博客  問題  成功  手続き  播客  收费  收集  日本酒  書評  服务    法律  確定申告  神田昌典  税金  自己啓発  起業  野菜  開業  非常識な成功法則  食事 

Copy this bookmark:



description:


tags: